視力低下の改善はこれかな?

投稿日:

こんにちは、ゼロです。

 

今回は、悪くなると不便な視力について
考えていきます。

 

視力低下は、本当に困りますよね。

 

メガネをかけると
困ることも出てきますしね。

 

このくらいの季節になると
室内と室外の温度差が
激しくなってきますよね。

 

メガネして初めてして思いました。

 

メガネ曇るじゃないですか。
なんかひと手間増えて
めんどくさいなって思ってしまいます。

 

僕は、目がすごく悪いって
わけじゃないんですけど
光に弱くてメガネかけることに
なってしまったんです。

 

話しそれましたね。

 

本題に戻ります。

 

目の事を調べると難しくて今一つ
理解できないことがあるんで

 

ざっくり、お話ししますね、

 

目が悪くなるのは、
屈折異常が起こるためです。

 

目の仕組みはよくカメラに
たとえられるですよね。

 

角膜と水晶体がレンズ、
網膜がフィルムに相当します。

 

目に入った光は角膜を通り、
水晶体で光を屈折させ網膜に
結像することで見えるようになっています。

 

網膜に結像させるにはピントを
合わせるオートフォーカスに
相当する機能が必要です。

 

その役割を担っているのは水晶体の
周囲にある毛様体筋という筋肉です。

 

近くを見るときには毛様体筋が
緊張して水晶体を厚くし屈折率を強く、

 

反対に遠くのものを見るときには
毛様体筋の緊張がなくなり
水晶体が薄くなることで屈折率が弱くなり、
網膜に見たものの像を結びます。

 

この一連の動作が正常で、
しっかりものが見えている状態を
「正視」と言います。

 

ところが水晶体の厚さの調節がうまくいかず、
屈折率の調節ができなくなると
網膜にピンぼけの像しか写らなくなります。

 

これが屈折異常で、
いわゆる視力が低下したと感じるんです。

 

大体、分かりましたか?

 

それじゃ、目が悪くなる原因です。

 

説明するまでもないですかね。

 

スマホやパソコンなどから出る
ブルーライトです。

 

回避方法としては、
ブルーライトカットの
メガネがいいと思います。

 

液晶に貼るフィルターもあるけど、
めんどくさいですよね。

 

ブルーライトカットの
メガネは100円ショップでも
売ってるので是非利用してみてください。

 

家で使うだけなら100円で十分ですよね。

 

実際、僕も使っていますが
目が相当楽にになります。

 

スマホやパソコンって
画面を凝視するし
画面までの距離も近い、
しかも長時間使ったりする。

 

目が近い距離を長時間見てることで
目のオートフォーカス機能が落ちるために
目が悪くなってしまうんです。

 

便利で楽しいアイテムではありますが
欠点は目が悪くなってしまう事なんですよね。

 

ブルーライトカットのメガネも
目を保護して
ダメージを軽減してくれるだけです。

 

それだけでは、
目が悪くなるのは防ぐことはできません。

 

そこで、他の方法がないか考えてみます。

 

あるじゃないですか。

 

聞いたことありますよね。

 

ブルーベリーです。

 

正確には、ポリフェノールです。

 

気になり調べてみると

 

 

なんと

 

 

ブルーベリーより凄いフルーツが
あることが分かりました。

 

しかも、その成分が入ったサプリがあったんです。

 

栄養機能食品 アサイベリープラチナアイ

 

この商品は
「アサイベリー」「ビルベリー」「カシス」「ブドウ」
4つの果実でポリフェノール配合量を
強化した栄養機能食品です。

 

とにかく成分がすごいです。

 

ポリフェノールがブルーベリーの18倍

 

食物繊維がレタスの約20倍

 

カルシウムは牛乳の約3倍

 

鉄分はドライフルーツの約4倍

 

なんです。

 

その他の成分は

 

オイレン酸、ビタミンB1、

 

ビタミンB2、アミノ酸など

 

体にも美容にも良い物が沢山入っています。

 

びっくりするのは
その値段と提供内容でしょうか。

 

通常価格 4600円(税込)のところ
初回 2300円(税込) 送料無料

 

さらに

 

2回目以降も毎月50%OFFの
2300円(税込)でお届けされます。

 

コースはいつでも休止・解約できます。
発送10前までには連絡してくださいね。

 

この条件は他社には真似できない条件ですね。

栄養機能食品
アサイベリープラチナアイの紹介でした。

 

今回も最後まで読んでいただき
ありがとうございました。

 

次回は、もっといい記事にしていきたいと
思っているので
よろしくお願いします。

 

 

それでは、また会いましょう。

コメントを残す