年末は、面倒な行事が残ってます。

投稿日:

こんばんは、ゼロです。

 

最近、寒くなってきましたね。

 

あなたは、仕事をしてる人であれば
お酒を飲む機会が多くなる季節です。

 

楽しい飲み会ならいいけど
会社のめんどくさい飲み会は
うんざりですよね。

 

半ば上司のくだらないオヤジギャグを
聞かされて不快な気持ちになるのが落ちです(笑)

 

今回のテーマはオヤジギャグを・・・じゃなくて
二日酔いの予防・対処法についてです。

 

二日酔いはこんな症状

 

過度の飲酒により、翌日まで頭痛やめまい、
吐き気など、気分の悪い状態が続くことを
二日酔いといいます。

 

二日酔いは、アルコールを代謝する過程で
出る有害物質、アセトアルデヒドが血液中に
残留していることが原因で起こります。

 

代謝しきれないアルコールの摂取が
二日酔いの原因になります。

 

そんなの分かってますよね。
あくまでも基本的なことなので知識として
踏まえてください。

 

アルコールを分解する際にできる有害物質、
アセトアルデヒドを代謝しきれず、
体内に残ってしまうと、頭痛やめまい、
吐き気などをもよおします。

 

また、アルコールを代謝する際に
大量の水分が消費され、
脳を保護する髄液が減少する
低髄液圧症候群となり
頭痛を感じることもあります。

 

二日酔いの症状はおもに
頭痛、吐き気やほてりでしょうか。

 

二日酔いになると、頭痛、吐き気や嘔吐、
体のほてり、のどの渇きなどの
不快な症状を感じます。

 

また、アルコールが体内に残っている場合は、
酩酊感やふらつき、ろれつが回らないなど、
一般的な酒酔い症状が残ることもあります。

 

起きた時に感じるあの感覚は
もう、二度と飲まないと宣言するほど
苦しいことがありますよね。

 

日常生活でできる予防法

 

1 お酒を飲む前に
肝機能を高める食品やサプリメントをとる

ウコンを含むサプリメントやタウリンを
含む栄養ドリンク剤などを飲酒前にとることで、
胆汁の分泌を盛んにし、
アルコールの代謝機能を高めるといわれています。

また、たんぱく質にも肝機能を
活性化させる効果があるため、
牛乳などの乳製品を事前にとると
二日酔い予防に役立ちます。

実は、牛乳は効果は低めになっています。
同じ乳製品でも脂肪分が高いものをお勧めします。

低脂肪牛乳は、全く効果がないのかもしれません。

 

2 二日酔いを防ぐおつまみを一緒に食べる

枝豆やじゃがいもにはビタミンCが豊富に含まれ、
悪酔いや二日酔いを防ぐ作用があります。

また、おくらや長いも、なめこなどの
ネバネバ食材には胃や腸の粘膜を保護する
成分が含まれています。

その他、アセトアルデヒドの分解をサポートする梅や、
肝機能を強化するしじみやゴマも
二日酔いの予防に有効な食材といわれています。

食べたら、二日酔いに
ならないわけではないですからね。

補足ですが、タバコを吸う方は
枝豆やじゃがいもから摂取したビタミンCは
破壊されてしまうので注意ですよ。

 

3 水分を補給する

肝臓でアルコールを代謝するときには
水が必要となります。

また、二日酔いの頭痛は脱水症状などが
原因で起こります。

そのためアルコールを大量に
とりすぎたときには、
十分な水分補給が大切です。

ビール飲んだ時のトイレの使用回数は
凄く多くなるので
水分持っていかれてるんですね。

ただし、水分だけを補給しても
尿として排泄されるため、
水分を体に保持する適量の塩分と
一緒にとるようにしましょう。

飲んだ後にはラーメン食べたくなるんですよね。
でも、太りますよ(笑)

 

4 お腹にカイロを貼る

東洋医学の「お灸」と同じ効果で、
肝臓の辺りを温めると肝機能が高まり、
翌朝の二日酔い予防に役立つといわれています。

お酒を飲んでいる最中、
もしくは飲んで帰宅するまでの間に、
使い捨てカイロをお腹に当てて
肝臓の辺りを温めてあげましょう。

 

5 適量を心がけて飲む

適量を知り、それを超える量や
ペースにならないよう、
気をつけて飲むことが、
二日酔いのなによりの予防法になります。

一番難しいですよね。
盛り上がっちゃったら
飲むに決まってますし(笑)

 

対処法

 

1 二日酔いを軽減させる食品をとる

肝臓で作られる胆汁の分泌を促し、
アルコールの代謝機能を助けるアミノ酸や
ビタミンB12が豊富なしじみは、
二日酔いの回復を早めます。

その他、まいたけやお酢を使った
料理も肝機能を高め、
アルコールの代謝を促します。

しじみとウコンはお酒を飲む人は
大半は知っていますよね。

 

2 お茶やコーヒー、
果汁100%ジュースで水分を補給する

コーヒーに含まれるカフェインは、
二日酔いの頭痛を和らげ、
肝機能を高める働きをもっています。

お茶にはカフェインに加えて、
アルコールの吸収を抑える効果もあります。

また、果汁100%のジュースでは、
アルコールの分解によって不足している水分と、
肝臓の働きのエネルギーとなる
糖分を手軽に補うことができます。

水分を補給することで、
体内に残るアルコールが尿として
排出されますので、
水分は多めにとるようにするといいでしょう。

 

3 市販の薬を使う

二日酔いによる吐き気やむかつきには、
胃腸機能を調整する塩化カルニチンなどが
配合された胃腸薬、
頭が痛いときには鎮痛効果のある
イブプロフェン配合の頭痛薬が効果的です。

ただし、頭痛薬によってはお酒との
相互作用が悪い種類がありますので、
薬局で相談してから購入しましょう。

また、多量のアルコールを代謝するときには、
ビタミンB1が多く消費されますので、
体内のビタミンB1が足りなくなり、
疲れを感じることがあります。

そんなときは、ビタミンB1が配合された
ビタミン剤を飲んでみるのもいいでしょう。

この段階まで来たら完全飲み過ぎですから
控えめにしてくださいね。

 

今回はここまでとします。

 

お酒の飲み過ぎにはくれぐれも注意してくださいね。

 

最後まで読んでくれて
ありがとうございました。

 

 

では、また。

コメントを残す