がんばれ!!ダイエット !!

投稿日:

こんばんは、ゼロです。

 

最近、思ったことあるんですよ。

 

僕、太ってきてね(笑)

 

記事を書くのに夢中で

 

不摂生しすぎたから
この2ヶ月の間に5Kg
太っちゃいました(笑)

 

うわー 油断しました~

 

人には運動、運動言ってるくせに
自分は太って何言ってるんだよ。

 

おっしゃる通りです。

 

すみませんでした。

 

秋はおいしいものばかりありますからね。

 

仕方がないのです。

 

正直、医者の不養生みたいなもんです(笑)

 

笑えないですか?

 

ただ、僕もこのブログ主として
プライドがあるんでダイエットします。

 

そんなことで、今回のテーマは
肥満について考えていきます。

 

肥満とは、

 

肥満と肥満症
肥満とは「正常な状態に比べて体重が多い」、
あるいは「体脂肪が過剰に蓄積した」
状況のことです。

 

日本肥満学会は、
肥満状況を「BMI」を使って診断しています。

 

17.9以下 低体重(やせ気味)
18.0以上24.9以下 正常
25.0以上29.9以下 肥満度I
30.0以上34.9以下 肥満度II
35.0以上39.9以下 肥満度III
40.0以上 肥満度IV

 

BMIが25.0以上で、かつ

 

1 肥満に関連する高血圧や高脂血症、
糖尿病などの健康障害がある

 

2 内臓脂肪が蓄積している
のいずれかの状態の場合は
「肥満症」と診断され、
医学的な治療が必要な状態となります。

 

出典:日本肥満学会
「肥満症治療ガイドライン 2006」

 

どうでした?

 

あなたは、肥満でしたか?
(嫌な聞き方でした、ごめんなさい)

 

あっ今デブに言われたくないってでは
思ったでしょ。

 

酷いな~(笑)

 

では、どうやってダイエットしましょうか?

 

食事を規則正しいものにしてみましょう。

 

1日3食に変える

 

1日2食しか食べてないのに、
どうして太るんだろう
という人もいるかもしれませんね。

 

でも、食事の回数が少なくても
摂取しているカロリーが多ければ、
やはり肥満の原因になります。

 

それに、欠食することは
食べ過ぎにつながりやすいんです。

 

欠食すると
空腹感が長く続いてしまうので、
ついつい食べ過ぎてしまう

 

空腹感が続いたことによって、
体が脂肪を蓄積しようと働いてしまう

 

なので
1日3食を決まった時間に
食べるようにしましょう。

 

夕食後は体動かさない人が多いですよね。
なので夕食を少し減らしてみましょう。

 

肉類や脂っこいもの、
甘いものを控えるましょうか。

 

どうして、こんなにおいしい物は
体を肥満にするんでしょう。

 

もはや、神様のいたずらとしか
思えませんね(笑)

 

ちなみに
カロリーの高い食べ物なんですけど
(※カロリー参考:厚生労働省「生活習慣病を知ろう!」)

 

天丼(731kcal)
親子丼(741kcal)
カレーライス(999kcal)
ハンバーガーセット(676kcal)
スパゲッティミートソース(757kcal)
中華丼(833kcal)
チャーハン(755kcal)

 

なんじゃこりゃ~

 

僕の好きな物ばかりじゃないですか。

 

カロリー高っ!!

 

好きな物を食べてばかりじゃ
ダメなんですね。

 

栄養バランスのとれた食事を
心がけるようにします。

 

ダイエットの効率を高める栄養素は、これ!!

ビタミンB2
(たんぱく質・脂質・糖質の代謝に関与し、
脂肪燃焼を助ける成分です)

食物繊維
(便秘予防・コレステロールを下げる
・血糖値の上昇抑制などの効果があります)

たんぱく質
(筋肉の減量であり、
不足すると基礎代謝の低下を招きます)

 

アルコールは適量ならば良いですが、
飲みすぎは健康にも
ダイエットにも良くありませんよ。

 

肥満は遺伝ではない。

 

家族で似ている
肥満の原因となる生活習慣・食生活の例

 

・運動嫌い

・揚げ物が多い・肉中心の食事

・早食い

・生活が不規則

 

家族で
同じ環境で育ち
同じものを食べる。

 

そりゃ、同じ体系になりますって
遺伝子引き継いだ者同士なんだから

 

遺伝を理由はダメですよ。

 

あなたはオンリーワンなんです。
努力すれば絶対痩せれるんだから

 

すみません、太ったくせに生意気で(笑)

 

運動不足は、活動による消費カロリーが
少なくなるんです。

 

筋肉量を低下させて
基礎代謝を下げてしまうので、
太りやすく痩せにくい体質を
作ってしまいます。

 

また、肥満度が高くなるにつれて、
関節への負担が大きくなり、
運動不足になりやすくなってしまいます。

 

肥満度(BMI)の数値が高い人・
運動不足の人は

 

急に運動すると、
関節や内臓に負担がかかりやすいので
軽い運動から始める。

 

陸上で行う運動よりも、
水中で行う運動の方が
関節への負担を軽減できるため、
水中での運動が推奨されている。

 

肥満に伴う症状が見られる場合。

 

肥満症などの場合には、
医師の診断を受けてから運動を開始する。

 

あとは、ストレスですかね。

 

ストレスが溜まったら、
どうやってストレスを解消しますか?

 

食べてストレスを解消する人が
多いのようです。

 

ダイエットのための食事制限が
ストレスとなって、
ドカ食いにつながってしまうのならば
元も子もありません。

 

慢性的なストレスは、
食欲を増進させてしまうんです。

 

無理のないダイエットをして、
こまめにストレスを
発散するようにしましょう。

 

ストレス対策はどうしましょう?

 

・軽い運動を取り入れる
(無理のない運動は
ストレス解消に効果的です)

・カルシウムの摂取を心がける
(カルシウムには脳神経の興奮を
抑制する効果があります)

・ダイエットがストレスになる場合には、
ダイエットの方法を見直す
(無理のないダイエットを心がけましょう)

 

規則正しい生活を送るのが一番

 

不規則な生活は不規則な食習慣を
招きやすく、
食べ過ぎや夜食に
つながってしまいますね。

 

そして、体内時計がくるうことで、
自律神経やホルモンバランスに
不調をきたしやすくなってしまいます。

 

また、睡眠不足になると
ストレスの原因になりますし、
満腹感を与えるホルモンの
分泌を減らして食欲を
増進させてしまいます。

 

夜型の生活になっている人は、
運動などを取り入れて、
生活習慣を改善するようにしましょう。

 

いかがでしたか?

 

最後まで読んでくれて
ありがとうございました。

 

 

それでは、また。

コメントを残す